読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハーグの仲裁裁判所、中国の九段線主張を「法的根拠無し」と否定

オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が南シナ海をほぼ囲むように設定する独自の境界線「九段線」について、「歴史的権利を主張する法的根拠はない」との判断を下した。

中国の赤い舌と呼ばれるあの線を地図で見ると「どんだけ強欲なんだよw」と笑ってしまう。ASEAN諸国の領土以外はすべて中国の海として囲っていてさすが中国だと思い知らされる。

また、南沙(英語名スプラトリー)諸島で中国が造成する人工島に関しても排他的経済水域EEZ)は生じないと判断された。島とは認められなかった。

これに対し中国は仲裁裁判所には管轄権がないと対抗するだろうが、フィリピン側に大義名分が得られたことが大きい。これで日米は関与しやすくなる。結局はアメリカのやる気次第だろうが、海洋国側が連帯しやすい状況になったことは間違いない。今後中国、そしてロシアがどう出るかが興味深い。

www.yomiuri.co.jp