読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低所得者2200万人に15,000円の給付金

政府は住民税が非課税の低所得者を対象に15,000円の給付金を今年度補正予算案に計上するという方針を決めた。実際に給付されるのは来年の夏頃という。予算規模は3,700億円程度。

率直な感想としては「やるべきだが、Too Little,To Late」といった感じだ。

公務員は選挙などがあると手当だけで最低4万円ほど稼ぐ。投票所でイスに座って監視したり開票作業をするだけで。半日で4万円、夜中までやると8万円ぐらい貰える。ボーナスも給料も年金も退職金も物凄い。

これほどまでの格差を目の前にするとわずが3,700億円の金を2,200万人で分け合うことに空しさを感じざるを得ない。自民党は13兆円を財政出動すると言ってる。3,700億円の残りの多くは公務員や既得権益者が持っていくことだろう。この国のシステムは彼らに有利にできているのである。

 参考リンク

簡素な給付措置(臨時福祉給付金) |厚生労働省