女性は稼ぐ人ほど結婚できないという話

女性が直面する「稼ぐほど結婚できない」現実 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― 

東洋経済オンラインに掲載されているソロ男プロジェクト・リーダー/独身研究家、荒川 和久氏の記事を読みました。

まあ、そうだろうな~

というのが第一感。女性って自分より優れた男を選びたい・選ばれたいって思っており、男性は自分が大黒柱として存在し弱い女性を守ってあげたいみたいに思ってることが多いですから。古い価値観でもありますが、保守的な人は男女ともに少なくありません。男が主であり、女は従。この関係性がDNAレベルとまでは言いませんが強く残っており、自由主義個人主義の思想が根付くことで「結婚できない人」が増えてしまっているのだと思います。

事実・データ

  • 東京都の女性の生涯未婚率は約20%で全国女性平均14%を上回ってる(2015年の国勢調査)。
  • 30~34歳の働く女性の52%が未婚。
  • 男性の生涯未婚率は、正規雇用16.6%、非正規雇用50.7%だが、女性は正規雇用22.1%、非正規雇用8.3%と正規のほうが未婚率が高い。
  • 産業別にみると、「新聞・出版・映像制作・広告制作業」や「法律事務所・会計事務所」「デザイン業・著述家」など、専門的な資格や知識を持つ女性ほど生涯未婚率が高い。

著者の意見・視点・問題提起

  • 未婚化の原因として男性の経済的貧困問題ばかりが取り上げられるが、女性側にも問題がある。
  • 同類婚を求めるので東大卒女性は高卒男性と結婚しない。
  • 男性の「下方婚」志向と女性の「上方婚」志向。
  • 高収入の男性は数が少ないので、高収入の女性にとっては対象者がいないという事態に陥る。
  • 男女雇用機会均等法施行前の皆婚時代はうまくマッチングされていた。
  • 政府が掲げる「女性が活躍する社会」が実現すると皮肉にも女性の未婚化が進む。

いろいろな意見・視点

  • 「一人のほうが楽」「養って貰わないとしたら、そもそも男は必要なのか?」「子どもを産まないと後悔する」「男は面倒な生き物」「奴隷・家政婦になりたくない」「子どもは1人でも育てられる」「義理・付き合いなどが増える」「忍耐・我慢しなくなった」「忙しすぎる」「他に楽しみはいくらでもある」「経済力が低いとしたらメリットがない」「主夫が増えれば」「結婚生活はストレスの元」「男は負担でしかない」「金 > 男」「拝金主義・物質主義・快楽主義では幸せにはなれない」「名字を変えたり女はいろいろ大変」「妥協できない」「縁がない」「優秀な遺伝子が残らないことになる」「結婚しても子どもが不幸になる」「逃げ恥のゆりちゃんを思い出した」「世界中に男が何人いると思ってるの?」

感想

男女ともに価値観を変えないと幸せにはなれないんじゃないでしょうか。今さら昭和の時代ひいては有史以来続いてきた昔の価値観に戻るというのは無理だと思います。「昔のほうが良かった」という保守的な人も多いでしょうが、それを「地獄」と感じる人もたくさんいるはずです。

これはイスラムの世俗派と原理主義派(保守派)の対立と似ています。社会主義自由主義の対立にも。

この記事でも触れられていました皆婚時代、すなわち、みんなが同じ価値観で結婚を良しとするという考え方は「社会」「思想・宗教」的だなぁと。結局、イスラム原理主義共産主義社会主義も地上の楽園とはなり得ないのであり、それに抵抗してきて「今」があるのだから、今うまくいってないからといって戻るべき過去があるわけではなく新たに幸福の道を作っていくしかないと思うのです。

日本社会は古い価値観に囚われすぎて、だから、他人を責め、人を不幸にする冷たい社会になっています。責められた人は世間の目や社会的立場が悪くなり不幸に感じるようになります。

結婚=幸福ではありません。結婚が人を不幸にしていることもたくさんあり、離婚する人もたくさんいるのですから。フランスなどの先進的な国では事実婚が増えているようですし、日本人も多様な価値観を認め、男女ともに古い価値観を打ち破っていくことが幸福への道なんじゃないかと思います。

関連リンク

アメリカと北朝鮮が戦争になったら日本が最初に被害を受ける?

news.tv-asahi.co.jp

北朝鮮宋日昊ソン・イルホ)日朝国交正常化交渉担当大使がこんな発言をしています。

拉致問題には誰も関心がない」なんてことも言われ、日朝間の溝が浮き彫りになりました。

このまま日米朝間で対立が続き、もし戦争になったら日本はどうなるんだろう?と少し不安になります。北朝鮮は相手が白旗を揚げるまで攻撃はやめないでしょう。アメリカに手を引かせるためにはどうしたらいいか?

「日本を降伏させる」

それには東京や京都を滅茶苦茶にすると脅せばいい。

そう北朝鮮が考えていそうで恐い。

戦うとしたら一番弱い奴、根を上げそうな奴を叩くのが基本。

敵の攻撃を防ぐ術があるのか?

なければマズイですね。敵地攻撃能力やテロ対策が万全ならあまり不安はないんでしょうが・・。

 

サイゼリヤがイタリア被災地に1億円寄付

イタリア料理店チェーンの「サイゼリヤ」が8月下旬に起きたイタリア中部地震で大きな被害を受けた町アマトリーチェに、約1億円を寄付したというニュースを見ました。

全国約1千店舗でアマトリーチェの名物パスタ料理「アマトリチャーナ」が1皿注文されるごとに100円を寄付するキャンペーンを行っていたようです。こういう形のキャンペーンは非常にいいですね。世知辛いニュースが多いのでほっこりしました。

1皿で100円ということは100万皿、1000店舗で割ると1,000皿。期間1ヶ月で達成するとしたら日33皿。塵も積もれば億となるんですね。

サッカー日本代表、日本 vs タイ

さすがにタイに負けることはないだろうと思っていました。

試合が始まってすぐに実力差が感じられるゲーム。「この試合、何点入るだろう?」と少し気の毒に思いながらテレビ観戦していましたが、終わってみると2-0。物足りない結果で「歓喜」とまではいきませんでした。

良かったのは縦に速い攻撃とサイド攻撃。「縦へ、縦へ」と山口がどんどんパスを出すのが効いてました。サイドからのクロスも得点に結びついたし何度か決定的なシーンがありました。4,5点取っててもおかしくなかったでしょう。

守備はやはり危なっかしい。W酒井、CB、長谷部は必ずポカをしそうな印象。ザックの時もしょーもないミスで失点しまくっていましたが、これはミスというより実力でしょうね。

決定力のほうも相変わらず。香川、原口、本田らはクラブでも外しまくってるように、代表でもよく外します。アジアだと数撃てるから本田でもたくさん点を取れますが、セリエAだと決められるときに決めておかないと年間1Gみたいになってしまいます。大迫や原口なども3Gぐらいしか取ってないし。

少し光明が見えたのは浅野の決定力でしょうか。彼はまだまだプレーが軽く代表レベルじゃないと思ってましたが「よく決めるなぁ」という勝負強い印象。足も速いし、アーセナルの目に留まったということからも今後楽しみな選手ですね。

相手がコロンビアとかだったらやっぱり4点ぐらい取られそうな危なっかしさを感じました。

サッカー日本代表の凋落と日本経済

ザックの時からいつものメンバーへの批判がありましたが、アギーレ、ハリルホジッチも同様のメンバーを選ぶしかありませんでした。そしてアジア杯でも昨日の試合でも敗北・・。

「結果を受け止められない」という気持ちも十分わかるんですが、過去の栄光に縋るバブル時代のオジサンたちや日本経済のような感があります。

いまだにソニートヨタパナソニックで世界と戦っている日本は韓国や中国、台湾などの企業に至るところで敗北を喫するようになりました。

経済では過去20年を見ると日本だけが成長が止まっています。その間、ドイツやイギリスなどの先進国も、韓国や中国などの先進国でない国も伸びました。

まったく成長していない、または、亀のように遅い成長速度の日本。このまま無策が続けば凋落する一方となるでしょう。

それを避けるには、「投資」しかないと私は思います。無駄を削り、未来へつながりそうな部分への投資しか。米百俵の精神。セーフティネットは必要ですが。これは竹中氏も言われてたことで、ミクロでは構造改革派の言ってることは正しかったと言えるでしょう。

役人や利権者を肥やすか、若者を肥やすかという対立です。

たぶん、サッカー協会には無駄な支出が相当あるでしょう。不要な人材がたくさんいて、彼らは数千万の報酬、退職金を受け取り、飛行機はファーストクラス、ホテルはスイートルームを使っていると思います。東京都の役人たちはそうでしたから。こうした人件費や経費を削減し、強豪国との強化試合に使ったり、選手の育成費に使うのが民主党構造改革派タイプの考え方であり、私腹を肥やすのが守旧派なのです。

英国は五輪開催ということで選手たちの強化費用を増やしました。そうしたら金メダル1個の国が中国すら上回る強国になりました。ロンドン後のリオにも好影響が続いたわけです。選手たちの強化に力を入れれば、「投資」をすれば伸びるチャンスはあるということです。

そうではなく職員たちを無駄に大量に雇い、関連団体を使って渡り鳥のように歩いて退職金を貰いまくるような役人や団体職員ファーストの国では凋落の一方だと思います。

選択と集中、アスリートファーストというのがやはり必要です。

日本経済においても人への投資が必要です。イギリスはブレアの時代から徹底して教育投資を重視しました。日本はGDP比でみるとOECD諸国最低です。役人の高額な棒給や退職金、手当、飛行機やホテル代などの無駄なコストを削ってでも、人に投資すべきだったのです。無駄な公共事業についても同じ。それをやるよりはデンマークのように成長分野へ雇用移動させるような職業訓練、教育投資をすべきだったでしょう。スポーツにおいても、職員たちの馬鹿げた報酬や名前だけ連ねているような無駄な職員を削って未来を担う若者や即戦力になりそうな選手たちや強化試合、合宿、練習などの強化費に投資していくことが日本の成長につながるのだと思います。

 

 

サッカー日本代表、日本 vs UAE

まさかのホームゲームでの敗戦でした。

引き分けはあるかもしれないけど負けることはないだろうと予想していました。

連携についても岡崎、香川、本田、清武、長谷部、W酒井はずっと一緒にやっているので問題はないかなぁと。あえて挙げるとすれば大島は不安材料でしたが。

審判の判定については不満ではあります。VTRで見れば日本のシュートは完全にゴールを割ってますし、色々と不可解な点も。

しかし、それよりも気になったのは個の能力の低さでした。ワールドクラスと思える選手がゼロ。この戦力では厳しいでしょう。せめて武藤が万全の状態であれば・・。

もしかしたら岡崎よりハーフナー・マイクのほうがいいかもしれません。

大谷翔平、代打で20号

やってくれました!

20本は絶対打って欲しかったんで嬉しいです。

22歳での20号は張本、大杉に次いで日ハム3人目との事。投手なのに歴代の名バッターと肩を並べるとは非凡ですな。現在パリーグのホームランランキングで6位、日本人では2位っていうんだから怪物です。

松田 宣浩 23
大谷 翔平 20
浅村 栄斗 18
中田 翔 18
T-岡田 17
柳田 悠岐 16
中村 剛也 16
内川 聖一 14
秋山 翔吾 11
糸井 嘉男 11

打者として専念していてもたぶん歴代日本一だったでしょうね。